ビジネス文書研修(ビジネスライティング)

こんな課題や問題、現状にぴったりです!

■新入社員や若手社員が、「コミュニケーションの基礎」である「ビジネス文書」が書けるようになる
■こんな症状にもピッタリです
・報告書が分かりずらい
・社員のメールでビジネスにふさわしくないものがある
・文章作成力が低いものが多い
・読み手を意識していない文書が多い

受講者の声

  • 「ビジネス文書は難しくない」と思えました。これからは「少し積極的に」ビジネス文書に接しようと思いました。(IT 27歳)
  • 「なぜ、あんなにあいさつ文が多いのか」目から鱗がおちました。日本の文章の良さも感じられて良かったです。(建設業 33歳)
  • 「メールこそ油断大敵!」というのが納得できました。気を付けて行きたいと思いました。(製造業 25歳)

研修の概要

「情報共有の重要性」が当然の事のように言われている割に、自分の文書に自信が持てない人が増えています

確かに、ビジネスの現場でやり取りする文書は、ただでさえ約束事が多く、一つ間違えれば、常識を疑われたり、相手に失礼であったりと、やっかいなものです。
しかし、ビジネス文書は決して難しくないのです。また複雑なことを覚える必要もないのです。
「お約束事」と「重要ポイント」を踏まえれば、誰でも”達人”になれます。

また、ビジネス文書を学ぶことは、ビジネスコミュニケーションの第一歩をしっかりと把握することにもなります。

当研修は、必要充分な「一般的な文書マナーやルール」を学びながら、「なぜ、こういった構造になっているのか?」「書くべき事柄は何か?」など論理的な理由も含めて、理解していきます。

 

目標・効果

  • 読みやすい文書のポイントを実践できる
  • ビジネス文書の基本を掴む
  • 「ビジネス文書」の構成を理解する
  • 「社内向け」「社外向け」文書の違いを理解する
  • 報告書を書けるようになる
  • 「ビジネスメール」の注意点を理解し、適切なメールが書けるようになる

カリキュラム内容

注:当社のカリキュラムは、常にブラッシュアップしております。以下は、これまで実施したものの1例です。

例)1日(9:00~17:00)、対象階層は3年目ぐらいまでの若手。報告書やメールで解りにくい物が多いのでなんとかしたいという要望から実施


■ビジネス文書研修
1. ビジネス文書の機能と種類
1-1 現代とビジネス文書
1-2 ビジネス文書の効果
1-3 ビジネス文書の種類

2. ビジネス文書のポイント
2-1 わかりやすいビジネス文書のポイント

3. ビジネス文書の基礎
3-1 構成する項目
4. 社内文書の基礎
4-1 社内文書の書き方
4-2 社内文書の構成
4-3 社内文書の例(報告書・議事録etc)

5. 社外文書の基礎
5-1 社外文書の特色(社内文書との違い)
5-2 社外文書の構成
5-3 社外文書の例(案内状・連絡状・お礼状)

6. メールの書き方
6-1 メールの重要なポイント
6-2 メール本体部の構造
6-3 メールの例

以上

この研修に関するお知らせ

更に詳しいことは・・・

お気軽にお問合せください