ロジカルシンキング研修

階層別: 分野別: 研修時間:

こんな課題や問題、現状にぴったりです!

■厳しいビジネス環境の中、冷静に、かつ一貫性のある考えをもち、組織でコミュニケーションが取れるようにしたい
■以下のような目標にも最適です
・プレゼンテーション時のスライド構成を「理解し、共感してもらう」ものにしたい
・提案や企画を考える際に、視点の偏りがないように考えたい
・相手の話した内容を整理して、後で困らないように的確に質問ができるようになりたい

受講者の声

  • 第一印象「ロジカルシンキング」という言葉に「難しそう」と思っていましたが、具体的な事例や経験を交えながら、わかりやすく教えていただいた。特に発表に対して指摘があり良かった(飲食業 30歳)
  • 何度も確認しながら進んでいただけたので、よく理解できました。後は実践あるのみですね。ありがとうございました(製造業 28歳)
  • 職場で論理的な説明をする機会は多いので、業務に十分役立つと感じた(地方自治体 26歳)

研修の概要

現代のビジネスシーンにおいて、様々な条件下で、客観性をもち、考え、情報を伝達する能力は不可欠と言われいます。
その為「論理的思考(ロジカルシンキング)」のニーズが日増しに高まっています。

しかし、一方でロジカルシンキングは独学ではなかな難しく、また理解しても正しく活用できるか自信が持てないという感想を良く聞きます。
これは、多くの人が「ロジカルシンキングの習得方法」を間違えているからです。

ロジカルシンキングの習得は、「全てを理解してから使う」のではなく、まず「不完全でも活用してみる」ことが重要です。なぜならロジカルシンキングは”道具”だからです。
”道具”は使い慣れるまでは時間がかかりますが、使えば使うほど、少しずつ「使うタイミング」と「得る効果」を知ることになるものだからです。

当研修では、「道具(ツール)に早く、慣れる」為に、演習中心でアプローチしていきます。

目標・効果

  • 重要要素(MECE、SoWhat?/WhySo?、ツリー、ピラミッドetc)を理解する
  • 自分の身近なことを論理的に考え、相手に伝える練習をします
  • 「自分の考えの明確化」と「他者への伝達に備えて構造化する」ことを修得する
  • ビジネスの情報を伝えるには「まず構造化する」ことが重要であることを知る

カリキュラム内容

注:当社のカリキュラムは、常にブラッシュアップしております。以下は、これまで実施したものの1例です。

例)1日(10:00~16:30)、対象階層は1年目終了時、新人フォロー研修として実施

■ロジカルシンキング研修
1.ロジカルシンキングとは
(1) ロジカルシンキング(論理的思考)とは
(2) ロジカルシンキングのポイント
(3) ロジカルシンキングの前提

2.自分の頭を整理する(部分に分け、全体像を捉える)
(1) 全体像を捉えるために「切り口」を考える(MECE)
(2) 全体像を図解する(ロジックツリー)
(3) フレームワーク

3.相手に理解してもらう(考えをまとめ、つなげる)
(1) 「なぜ?」と「だから?」の関係~SoWhat?/ WhySo?
(2) 結論と根拠を結ぶ~ピラミッドストラクチャ

4.ロジカルシンキングのまとめ
(1)トップダウン思考
(2)ボトムアップ思考

※各章に【演習】あり

以上

この研修に関するお知らせ

更に詳しいことは・・・

お気軽にお問合せください