main

文書資料作成系

コミュニケーションを取る上で、必要な文書や資料を「いかに素早く、的確に伝えるにはどうすれば良いか」は基礎であり、重要なスキルです。各カリキュラム共通で、「かく、あるべき」論ではなく、「具体的にどう書けば(描けば)、より伝わるか」を中心にお伝えします。

業務マニュアル作成研修

業務フロー図の作成

■個々が抱える担当業務が増加している中、担当業務配分の適正化し、業務改善や教育の効率化を図りたい
■以下の様な症状にも効果があります
属人化(○○さんにしかできない)した業務が多く存在する
・「団塊の世代」の知識伝承に不安
「暗黙知」を組織の資産にする
詳細ページへ»

業務フロー図(流れ図)作成研修

■業務の「見える化」を図り、組織内外との情報共有・問題発見・業務改善の活性化を促したい
■以下の様な症状・目標にも効果があります
・ITシステム導入時、システム開発会社とコミュニケーションの共通言語を持ちたい(現状、うまく要求をつたえられない)
・組織的に業務改善を実践していきたい(しかし、どこから始めたらいいか、わからない・・・)
詳細ページへ»

ビジネス文書研修(ビジネスライティング)

■新入社員や若手社員が、「コミュニケーションの基礎」である「ビジネス文書」が書けるようになる
■こんな症状にもピッタリです
・報告書が分かりずらい
・社員のメールでビジネスにふさわしくないものがある
・文章作成力が低いものが多い
・読み手を意識していない文書が多い
詳細ページへ»

伝わる図解思考・表現研修

■図解を、自分の頭を整理し、他者とのコミュニケーションの手段として活用する
■以下のような状態にも効果があります
・組織の情報共有を活性化したい
・文字中心の媒体(文書・メール)に頼り、誤解が生じやすい
・効果的な情報発信が解らず、伝えたいことがなかなか伝わらない
詳細ページへ»