main

業務改善系

限られたリソースの中で、いかに効率化を図るか、または効果を得るか?を考えていきます。いきなり100点を目指すのではなく、プラス5点、10点は何かを考え、具体的に行動することを学びます。

タイムマネジメント研修

■自分の行動をコントロールし、能動的に仕事の進め方を組み立て、質の高い時間の使い方を身に付ける
■以下のような症状が見られる場合
・厳しいビジネス環境の中、各個人の仕事が増加している
・残業が多く、モチベーションが下がってるメンバーがいる
・仕事の段取りを自分で考えることができない
詳細ページへ»

業務マニュアル作成研修

業務フロー図の作成

■個々が抱える担当業務が増加している中、担当業務配分の適正化し、業務改善や教育の効率化を図りたい
■以下の様な症状にも効果があります
属人化(○○さんにしかできない)した業務が多く存在する
・「団塊の世代」の知識伝承に不安
「暗黙知」を組織の資産にする
詳細ページへ»

業務フロー図(流れ図)作成研修

■業務の「見える化」を図り、組織内外との情報共有・問題発見・業務改善の活性化を促したい
■以下の様な症状・目標にも効果があります
・ITシステム導入時、システム開発会社とコミュニケーションの共通言語を持ちたい(現状、うまく要求をつたえられない)
・組織的に業務改善を実践していきたい(しかし、どこから始めたらいいか、わからない・・・)
詳細ページへ»

情報整理力向上研修

■個人の身の回り(モノや情報)を整理して、業務の効率化を図ってほしい

■以下の様な症状に効果があります
・職場に書類や物が散在している
・既存の資料を部下に求めると、受取に時間がかかる
・「PCの入れ替え」をすると、長い時間、業務がストップする
・セキュリティの観点からも、社員にモノや情報の管理を徹底させたい

詳細ページへ»