御社の「業務マニュアル作成」にトコトンつきあいます!

業務マニュアル・コンサルティングサービス

業務マニュアルのコンサルいたします

弊社の「業務マニュアル作成研修」の登壇後や、事前にお問合せいただいたお客様から

「研修後、作成したマニュアルをチェックしてもらえないだろうか?」

「本当に理解しやすく、かつ適切なマニュアルになっているのか?見てほしい」

というご要望を多くいただいております。

これらの声にお応えするため、「業務マニュアルコンサルティングサービス」をご提供いたします。

コンサルティングの内容

研修の効果測定に最適です

研修後の「効果測定」に最適です!

研修受講後、
「受講者各自の『マニュアル作成スキル』がどうなったのか?」
研修の有効性の判断に最適です。

コンサルティング実施にあたり、受講した研修の内容を踏まえ、
改めて自分の業務をマニュアル化していただきます。
コンサルティングは、そのマニュアルを分析しながら、
「忘れていることはないか?」
「できていないことは何か?」
「より分かりやすいマニュアルにするにはどうすれば良いか?」
などをフィードバックします。

個別対応で丁寧に対応します!

マニュアル1つ1つにアドバイス

基本「マニュアル1つ1つに個別対応」で行います。

1つのマニュアルに対して講師がチェックし、
気づいた点や改善点をアドバイスいたします。

マニュアルは、複数あればその数だけ異なります。
なぜなら・・・
・業務の内容
・書き手の作成レベル
・読み手の読解レベル
・組織文化
に無数のパターンがあるからです。よって、研修ではどうしても「共通的で標準的なポイントの提示」になってしまいます。

しかし、コンサルティングでは各業務や読み手を鑑みて、「ピンポイントのアドバイス」ができます。

「組織の諸事情や想定した読み手を前提としたフィードバック」をすることにより、各々の組織の環境に合った「活用できるマニュアル」の作成を手助けします。

マニュアルの「保守」「運用」も一緒に考えます!

マニュアルは「作成しただけ」では、すぐに陳腐化します。なぜなら、現代は求められる商品・サービスの基準が厳しく、人材も流動的で、組織環境は目まぐるしく変化しています。

「仕事の現場」に密接に関係する業務マニュアルは、それらにいち早く対応し、「常に信用できるマニュアル」でなければならないからです。
そこで、業務マニュアルは定期的に保守し、継続的に運用する必要があります。

しかし、これらをマニュアル作成者や担当者だけで行うには限界があります。なぜなら、彼らの多くは「仕事ができる人」であり、マニュアル作成以外に多くの仕事を担当していることが多く、とても忙しいはずだからです。その為、マニュアルの保守・運用作業は、「ついつい後回しになりがち」なのです。

そこで、「どうしたら自分以外の人に協力してもらえるか?」
「多くの人に活用してもらうには、どうすればいいか?」
「効率的で、かつ無理のない保守をするには、どうしたらいいか?」
などを考えなければなりません。

これらの解答・解決策は、マニュアルそのものを考えるだけでなく、組織特有の事情やメンバーの思考傾向など「現場の状況」を捉えなければ見つかりません。

コンサルティングでは、担当者から「マニュアルを活用する現場」のヒヤリングをして、
その組織に合った「マニュアルの保守・運用方法」をアドバイスします。

会議にオブザーバーとして参加することも可能です!

マニュアル作成プロジェクトのオブザーバーも可能

マニュアルの作成を複数名からなるプロジェクトチームで取り組む場合、

そのプロジェクト会議にオブザーバーとして参加することも可能です。

客観的な視点で、「何を決め」「何を役割分担するか」などを会議に参加しながら、フィードバックします。

まずはお気軽にお問合せ下さい!!

ご遠慮なく、お問合せ下さい

コンサルティングの内容は「弊社ができること」であれば、なるべくご要望にお応えします。

ご予算のことから、コンサルの適用範囲など、お話しできることが非常に広いため、ご希望であれば、実際にお伺いして詳細に説明いたします。

ご遠慮は無用です!!少しでも「気になる点」がございましたら、以下のフォームよりお問合せください。

お問い合わせフォーム