情報整理力向上研修

こんな課題や問題、現状にぴったりです!

■個人の身の回り(モノや情報)を整理して、業務の効率化を図ってほしい

■以下の様な症状に効果があります
・職場に書類や物が散在している
・既存の資料を部下に求めると、受取に時間がかかる
・「PCの入れ替え」をすると、長い時間、業務がストップする
・セキュリティの観点からも、社員にモノや情報の管理を徹底させたい

受講者の声

  • 「綺麗にする必要はない」という話に、勇気づけられました。そして理由も「なるほど」でした。整理が苦手なのですが、これならやってみようと思いました。(製造業 35歳)
  • 整理と聞くと「面倒くさい」「仕事力とは関係ない」と考えてました。反省したのと同時に、整理しようと思えました。(地方自治体 33歳)
  • 講師の体験談がいたるところで挟み込まれていたので、実際に自分の仕事でも活かせそうだなと想像しやすかったです(地方自治体 28歳)

研修の概要

誰もが「忙しい」と口にする現代。限られた時間の中で一定の成果を求められる中、仕事の効率化は日々の課題とていいています。

そんな中、簡単に効率を挙げられる事が、我々の目の前にあることにご存知でしょうか?

それは「身の回りを整理する」ことです。

「整理力」はイコール「仕事力」なのです。

当研修では、「整理・整頓の効用」を再確認し、「真の整理の重要性」をお伝えします。

整理とは「仕事の管理の一部」であり、「自分の身のまわりをどう管理するのか?」はセルフ・コントロール(自律)に繋がります。

また、他者の工夫点の共有も含め、「理想で終わる整理」ではなく「実現できる整理」を考えていきます。

目標・効果

  • 整理とは単純に「見栄えをよくする」にとどまらず、「仕事の管理」であることに気付く。
  • 整理をするためのルールづくりのポイントをつかむ
  • 現状の自分の身のまわりを把握する
  • PC上の整理を実践する
  • 整理整頓のコツを知る

カリキュラム内容

注:当社のカリキュラムは、常にブラッシュアップしております。以下は、これまで実施したものの1例です。

例)半日(13:00~17:00)、対象階層は希望者で行ったため様々な層が参加

■情報整理力向上研修

1.整理とは

(1)【演習】整理って、なんでしょう?
(2)整理とは~「スッキリする」「キレイになる」だけでない
(3)整理は3つのルールを守ること
①捨てるルール
②分けるルール
③元に戻すルール

2.今の自分の整理力

(1)【演習】今のあなたの整理力は?~自分の机を思い出す。
(2)身のまわりの整理は、「取り出せる」こと
(3)整理に役立つ道具や文具

3.PCの整理
(1)【演習】あなたのPCは整理できていますか?
(2)PCの整理のポイント

4.整理方法の具体例
(1)【演習】あなたの工夫を共有しよう
(2)様々な整理方法とルールづくり
(3)【演習】自分の整理ルールを考えよう。

この研修に関するお知らせ

更に詳しいことは・・・

お気軽にお問合せください