全日コース

1日(6~7時間)で行う研修です。一番推奨する時間の長さです。「効果測定」を一番実行しやすい長さでもあります。

業務フロー図(フローチャート)作成研修~実践で学ぶ!

  • 業務の「見える化」を図り、組織内外との情報共有・問題発見・業務改善の活性化を促したい
  • ITシステム導入時、システム開発会社とコミュニケーションの共通言語を持ちたい(現状、うまく要求をつたえられない)
  • 組織的に業務改善を実践していきたい(しかし、どこから始めたらいいか、わからない・・・)

詳細ページへ»

業務マニュアル作成研修~「まず最初の1冊を!」

業務フロー図の作成

  • 「働き方改革」の基盤として、現状分析のためにマニュアルを作成したい
  • 「同一労働同一賃金制度」の実施のため、「誰でも同じ手順、同じ成果」になるように業務内容を再定義したい
  • 業務改善や教育の効率化、担当業務配分の適正化を図りたい
  • 属人化(○○さんにしかできない)した業務が多く存在する
  • 「団塊の世代」の知識伝承に不安
  • 「暗黙知」を組織の資産にする

詳細ページへ»

ビジネス文書研修~上司・同僚が受け取ってうれしい文書とは?

  • LINE・チャットなどの短文や単語でのコミュニケーションに慣れている者が増え、Eメールや文書でのやり取りに問題やトラブルが発生している
  • 報告書が分かりずらく、管理職の「次の判断」が下しにくい
  • 社員のメールでビジネスにふさわしくないものがある
  • 総じて、若手社員の文章作成力が低いという意見がある
  • 読み手を意識していない文書が多い

詳細ページへ»

問題解決研修(課題解決・業務改善)

問題解決

問題解決研修は課題解決・業務改善など、職場で日々起こる(起こっている)問題をどう解決していけばいいのか?基礎から学び、インプットだけでなく実際に解決行動計画を立て、実践できるようにします

  • 全社的に「業務改善」に取り組んでいるが、なかなか効果がでていない
  • 社員は「指示待ち」なっていて、自主的に「働き方改革」に取り組む機運がない
  • これまで問題解決・課題解決に取り組んできたが、いつのまにかフェードアウトしてしまう
  • 今後は社員により一層「問題意識」をもってもらいたい

タイムマネジメント研修~時間の使い方を振り返る

  • 全社で「働き方改革」に取り組んでいるが、個人レベルで今一つ成果が上がっていない
  • 厳しいビジネス環境の中、各個人の仕事が増加している
  • 残業が多く、モチベーションが下がってるメンバーがいる
  • 仕事の段取りを自分で考えることができない

詳細ページへ»

自己管理力(セルフコントロール)研修

  • 自分の仕事を、自分で工夫し、自分で成長する人材になってほしい
  • 指示・命令しないと「動けない」社員が多い
  • 周りの状況から、自分で考え、行動できる社員になってほしい
  • 言われたことに対して、必要以上に落ち込んだり、すねてしまう者が多い

詳細ページへ»

伝わる図解思考・表現研修

  • 図解を、自分の頭を整理し、他者とのコミュニケーションの手段として活用する
  • 組織の情報共有を活性化したい
  • 文字中心の媒体(文書・メール)に頼り、誤解が生じやすい
  • 効果的な情報発信が解らず、伝えたいことがなかなか伝わらない

詳細ページへ»

「落ちこぼれない!」ロジカルシンキング(論理的思考)研修

階層別: 分野別: 研修時間:

  • 厳しいビジネス環境の中、冷静に、かつ一貫性のある考えをもち、組織でコミュニケーションが取れるようにしたい
  • プレゼンテーション時のスライド構成を「理解し、共感してもらう」ものにしたい
  • 提案や企画を考える際に、視点の偏りがないように考えたい
  • 相手の話した内容を整理して、後で困らないように的確に質問ができるようになりたい